繊細な赤ちゃんの肌着を洗濯するポイントを伝授

乳児

ベビー用品の洗い方

赤子の服と玩具

専用の洗剤や柔軟剤が活躍

痒みやかぶれなどのトラブルに見舞われやすい赤ちゃんの肌を健やかに保つためには、衣類やタオルの洗濯方法に気を配ることが欠かせません。洗剤や柔軟剤に含まれる香料などの成分にアレルギー反応を起こしてしまう場合もあるため、商品選びには注意が必要です。赤ちゃんの衣類やタオルを洗濯する際には、デリケートな赤ちゃんの肌のために開発されたベビー用の洗剤や柔軟剤を使うのがベストです。ベビー用の洗剤の殆どには蛍光増白剤が配合されていないため、パステルカラーなどの淡い色調のものにも安心して使うことができます。洗剤の成分が繊維に残留しないように丁寧にすすぎを行うことや、雑菌の繁殖を防ぐため脱水後はすぐに干したり乾燥機にかけたりすることも大切です。

衛生のための注意点

汚れは時間が経過するほど繊維に染み込んで落としづらくなるため、赤ちゃんのよだれや食べこぼしなどの汚れが付着したら、すぐに洗濯に取り掛かるのが理想的です。洗濯物が乾きづらい梅雨時や湿度の高い環境下では、乾燥機や除湿機を利用すると早く乾かすことができる上に、部屋干し特有の嫌な臭いの発生も防ぐことができます。こまめに洗濯をしているにもかかわらず、洗濯物の臭いが気になる場合には、洗濯槽に原因がある可能性も考えられます。洗濯槽はカビや雑菌の温床になりやすいため、ドラッグストアなどで購入できる専用のクリーナーや酸素系の漂白剤を使って、定期的に清掃を行うと安心です。太陽が出ている日には、殺菌・消毒を兼ねた天日干しを行うのも、衣類やタオルを衛生的に保つために効果的な方法です。

ベビー用の紫外線ケア商品

赤ん坊

デリケートな赤ちゃんの肌を紫外線の害から守ってくれるのが、刺激の少ない処方が特徴のベビー用の日焼け止めです。マイルドな使い心地に加えて、可愛らしいパッケージデザインや手頃な価格で、大人の女性にも支持されています。

もっと読む

より安心して暮らすために

ウォーター

赤ちゃん用の水を使用することで、より安全にミルクを作ったり出来ます。ペットボトルに入ってるものと、ウォーターサーバーの2つを使い分ければ快適に育児をすることが可能になります。しかし、ウォーターサーバーは置くスペースを考えておく必要があります。

もっと読む

最適なものを選ぶために

婦人

育児の必需品といっても過言ではない抱っこ紐ですが、その種類や数は膨大です。キャリータイプ・スリングタイプ、またいつから使えるのか、抱っこの方法などそれぞれのメリットとデメリットを確認し、最適な抱っこ紐を選ぶことが大切です。

もっと読む